×

鹿島建物

HOME > 社報「BM」 > 先進事例紹介「Challenge!」
CONTENTS 社報【BM】

「管理」の新たな可能性へ挑戦する

鹿島建物が保有する技術を活かし
「管理」の新たな可能性に取り組むプロジェクトの現場を紹介します。

バックナンバー

BM59号 鹿島建物のSDGs

鹿島建物はグループ経営の理念である「社業の発展を通じて社会に貢献する」に基づき、ストック時代における建物の長寿命化と建物で過ごす人々の「安全・安心・快適」をまもりつづけてきた。「防災」「環境」「スマートビル」「感染症対策」など、今後も多様化する建物管理・運営のニーズに応えていくことが、「SDGs(持続可能な開発目標)」達成への貢献につながると考えている。※特別企画の「The Front Line」は全社の取り組みを改めて紹介する記事です。

READ MORE
BM58号 鹿島建物の根幹(特集:設備管理)

1985年、鹿島建設の建物管理専門会社として鹿島建物総合管理が設立された。設備管理を皮切りに清掃、警備、各種マネジメントヘと業務を拡大してきた。
総合管理会社として社会ニーズに応じた新サー ビス提供や技術開発を繰り返し成長するなかで、建物管理業務の基本である設備管理業務でも、日々高度化する建物への対応をつづけている。利用者に快適な環境を提供する高い技術力を誇りに、社員たちは日々の業務に向き合っている。※特別企画の「The Front Line」は全社の取り組みを改めて紹介する記事です。

READ MORE
BM57号 建物管理業界のブランド向上をめざして(特集:社報BM)

鹿島建物は2006年夏、建物管理業界で先駆けとなる、対外向け広報誌『BM Building Management』を創刊した。
“建物管理’'の世界を広く社会に伝え、社業さらには業界の発展をめざし、これまで休刊をすることなく年4回の発行をつづけてきた。今号で15年目、57号となる。※特別企画の「The Front Line」は全社の取り組みを改めて紹介する記事です。

READ MORE
BM55号 エコチューニング

2017年、鹿島建物は環境省からエコチューニング事業者の認定を受け、社内の実施体制の構築や施行物件の選定を進めてきた。2018年、株式会社カン研究所と事業契約を結び、兵庫県神戸市「カン研究所」にてエコチューニング事業を開始した。※環境省所管エコチューニング推進センター

READ MORE
BM54号 公共施設包括管理

近年、自治体は少子高齢化や公共施設など様々な課題を抱えている。その解決策として、民間が複数施設をまとめて管理する「包括管理」を導入する自治体が増加している。鹿島建物は建物管理におけるマネジメントノウハウを活かし、2019年4月から東京都東大和市の公共施設包括管理業務を開始した。

READ MORE
BM53号 鹿島建物 研修センター

鹿島建物は2019年5月、 東京都江東区東陽町から東京都墨田区両国へ研修センターを移転した。研修設備の拡充や十分なスペースを確保するとともに、 新たな技術・サービスの開発や地域との交流ができるスペースを新設し、 教育・開発・交流の拠点機能を果たすことをめざしている。

READ MORE
BM52号 建設プロジェクトマネジメント

近年、 CM(コンストラクションマネジメント)のニーズは設計・施エフェーズにとどまらず事業計画や維持管理にまで広がりをみせている。 鹿島建物はこれまでのCMの実績を活かして多様化・複雑化するニーズに応えている。

READ MORE
BM51号 BPMサービス

PM(プロパティマネジメント)は不動産オーナーに代わって、建物の資産価値の最大化を図る経営代行業務である。鹿島建物は“BMのノウハウ・視点を活かしたPMサービス(BPMサービス)”を行うことで、多様化するお客様のニーズに応えることをめざし、2017年度からPM業務体制の強化を図っている

READ MORE
BM50号 データドリブンプロジェクト

近年、IT技術の発展によりビッグデータを扱うことができる時代になった。 現在は、収集したデータを可視化し、 分析することで、 未来を予測しての意思決定や、 課題解決に結びつけることができる「データドリブン」が重要視されている。 鹿島建物では、 データドリブンによる新たな建物管理の仕組みを構想し、 実証実験を行っている。

READ MORE
BM49号 「スナヤン・スクエア」プロジェクト

鹿島建物は新たなビジネスフィールドの開拓をめざし、 海外進出を検討している。その第一歩として2017年からインドネシアの首都、 ジャカルタの複合施設「スナヤン・スクエア」の運営に参画し、 建物管理を行ううえで必要なノウハウを学びはじめた。

READ MORE
BM48号 新時代対応型清掃サービス

鹿島建物では、 お客様を第一に考えた清掃サービスを提供している。 少子高齢化による労働力不足や環境問題がさらに深刻化する次の時代においても、 高品質な清掃サービスを提供し続けるために、新技術の導入に挑戦している。

READ MORE
BM47号 鹿島建物テクニカルセンター

近年、 建物管理業界において、 労働力不足や技術者の高齢化に伴う技術継承への危機が課題となっている。 そうしたなか、 鹿島建物では、 建物管理業界の担い手づくりと技術力の底上げに貢献すべきと考え、 社外人材教育への取り組みを開始した。

READ MORE
BM46号 メガソーラーヒツジ除草

鹿島建物では、メガソーラーのO&M(Operation & Maintenance:運用と保守)業務を通じて新たな付加価値を提供するために、環境負荷の少ないヒツジ除草サービスの展開をめざしている。ヒツジ除草の事業実現化のために、2017年5月より鹿島建設が所有する「那須ちふりメガソーラー」にて実証実験を開始した。

READ MORE
BM45号 鹿島建物イジ×ガール

鹿島建物では、意欲ある社員が状況に応じて働き方の選択ができるよう環境整備をめざしている。 今回は、設備管理・清掃・プロパティマネジメント業務に携わり、建物の維持管理に努める女性たちに仕事への思いを取材した。

READ MORE
BM44号 建物管理会社のマッチングプロジェクト

鹿島建物では建物の維持管理業務を涌じて見出したお客様同士のニーズとシーズのマッチングをサポー トすることで、 お客様の課題解決に貢献する「つなぐプロジェクト」を展開している。その第1弾として2015年には「JAつなぐプロジェクト」を始動した。

READ MORE
BM42号 建物管理会社のマンション大規模修繕

このコーナーでは、鹿島建物が建物管理の新たな可能性に取り組むプロジェクトの現場を取材し、レポートをお届けします。第二回は価格開示方式(RM方式)によるマンション大規模修繕です。

READ MORE
BM41号 メガソーラー O&M

O&M (Operation & Maintenance)とは、 管理計画の策定や緊急時の対応といったオペレーション業務と、設備の日常・定期点検といったメンテナンス業務を総合的に実施することである。

READ MORE
TOPへもどる