HOME > 建物管理入門 > 1 LCMという考え方

建物管理のイロハ

1 LCM(ライフサイクルマネジメント)という考え方 建てたら終わりではありません。建物は、「竣工」がスタートです。 1 LCM(ライフサイクルマネジメント)という考え方 建てたら終わりではありません。建物は、「竣工」がスタートです。

人の生涯が「誕生」から始まるように、
建物の一生も「竣工」つまり、完成した瞬間から始まります。
建物が竣工し、運用段階を経て解体の日を迎えるまでには様々なドラマが待ち受けています。
それらを無計画に対応するのではなく、時代のニーズや入居者の変化、
収支のバランスを考慮し計画を立て進めるのが、LCMライフサイクルマネジメントです。
鹿島建物は、設計・施工と連動した建物維持管理・運営、リニューアルに対応し、
LCMつまり建物の一生涯にわたる総合的なビルディング・マネジメントサービスをご提供します。